プラセンタ注射とサプリ 安全性

安全はいかに?

プラセンタはそもそも胎盤という臓器を利用しています。
しかもその臓器が人間の物だったり、動物である馬や羊・豚などのものです。
それを考えただけで不安に思う方もいることでしょう。

 

プラセンタにおいて安全性が気になる点かもしれません。
そこでプラセンタ注射とプラセンタサプリではどちらが安全といえるのかを比べていきたいと思います。

 

まずはプラセンタ注射ですが、プラセンタ注射は人の胎盤から成分を抽出しています。
人の胎盤も決められた病院で、健康かつ自然分娩をした人の胎盤を使っているとされています。
しかもこのヒトプラセンタはプラセンタの中で唯一医薬品として扱われているものです。
そのため医療機関やクリニックなど医師に接種による注射となります。
ヒトプラセンタは「特定生物由来成分」として指定を受けています。
接種する場合も医師の十分な説明のもと行われています。

 

ヒトプラセンタはそれなりの検査を受けたうえで滅菌されたりして製薬になりますがやはりリスクが否定できないのです。
というのもエイズをはじめC型肝炎などの病気などは血液が関係して発症しています。
これらのことや、未知の病気に対する不安が消えないため安全とは言えないようです。
またプラセンタ注射はこのことからも献血ができない決まりになっています。
1回でもプラセンタ注射をしたことある人は献血ができないシステムになっているのです。

 

 

ではプラセンタサプリはどうでしょうか?
プラセンタサプリは馬や豚・ヒツジといった動物の胎盤を利用しています。
100%安全なのかと聞かれると100%と安全と答えることはできないかもしれません。
しかしながら大きな感染症が起きた事例などは報告されていません。

 

その動物の生態にも関係していますが豚や羊は動物自身が感染しないようにワクチンを接種していたり、また今ではSPF豚といった安全に飼育された豚などを使用しています。
また馬に関しては馬自身が病気に強く、また徹底した管理のもと飼育されているものが多いので比較的安全と言えるのでしょう。
プラセンタ注射ほどの効果や即効性はないのですが、美容効果に関してはプラセンタサプリで十分代わることができるでしょう。
危険な思いをしてまで健康・美容効果が手に入れたいですか?

 

安全性で比べるなら断然プラセンタサプリをお勧めします。