プラセンタ注射とサプリ 早い

効果を実感できる早さ

ここではプラセンタ注射サプリをさまざまな面から比較していきたいとおもいます。
まずは効果を実感する早さについて比べていきます。

 

比べるためにそれぞれの体内への取り込み方をみていきましょう。

 

まずはプラセンタ注射。
注射はプラセンタ成分を静脈に注射をします。
注射された成分は血液にのって体の隅々にわたっていきます。
そのため早くさまざまなところに届くので効果としてすぐに表れるとされています。
プラセンタ注射はに使われているプラセンタ成分は医薬品です。
そのため治療目的に使用されています。

 

医療薬として使われているプラセンタ成分のため効果がすぐに表れなくては治療の意味がありません。
結果体内に注射として成分を取り込むことで早く効果を感じることができるようです。

 

 

ではサプリを見ていきましょう。
サプリは1日に1回水で服用していく取り込み方です。
そのため胃腸に届いてそこでじっくりと溶かされてから体中に送られます。
しかし胃腸に入ることで成分が少し失われてしまうとも言われていて注射に比べると成分の量が少ないのかもしれません。
またサプリは医薬品ではありません。
治療目的ではなく予防や補助的な役割を持っているのがサプリなのです。
そのため効果として表れるのはゆっくりじっくりといった形になるようです。

 

結論

 

効果を実感する早さはプラセンタ注射の方が早い

 

効果の早さで言ったらプラセンタ注射ですが医療機関での接種しかありません。
また更年期障害や肝機能障害の治療が目的になりますので美容目的の人は保険ではなく実費となることが多いようです。